眼科手術の進歩と脱毛技術

投稿者: admin
9月 11 2013 年

日本でレーザーを使用したのは、眼科手術で使われた1980年頃が始まりでした。

脱毛でもエステなどでレーザーを使用するようになったのは、その直後で、それ以前は、テープやワックス、脱毛クリームが用いられていました。
電気針脱毛も永久脱毛として用いられるようになっていましたが、痛みを伴い効果が出るまで時間もかかることから、レーザーを使った永久脱毛は、画期的な脱毛施術として長く取り入れられてきました。
特に、レーザーを使った永久脱毛は、痛みが大幅に軽減、施術時間も格段に短縮、効果もみられるというすぐれものです。

しかし、レーザーを使った脱毛は、本来医療行為であることから、医療機関で施して貰わないとならないのですが、医療機関ではないエステサロンでは、レーザーの出力をダウンして使用されています。

レーザー脱毛の施術直後には、皮膚がポツポツと赤く発疹状態になることがありますが、3日程度でおさまってきます。
また、注意しなければいけないことは、治療直後には紫外線を浴びない用にするために、外出の際には日焼け止めクリームが必要です。

永久脱毛というのは、1回施術するとすぐに永久脱毛が実現できるということではありません。
何度か施術を繰り返すことで、永久脱毛状態になるということで、個人差があるようです。
エステの効果をランキング別で徹底公開!

コチラが参考になります→http://www.xn--ick8azb459v42v.net

このエントリーのトラックバックURL